重要な実印

実印イメージ

わたしたちが常日頃よく使っている印鑑。その印鑑のなかでも最も重要なポジションにあるのが、実印です。

では、この「実印」について、あなたはどれくらい知っているでしょうか。実印とその他の印鑑の違いとはなんなのか。
今回はそれについて書いてみたいと思います。

実印というのは、「あなたがあなたであること」を示す、個人証明のようなものです。
実印は市区町村役場に登録してある印鑑で、法的な効力を持っています。

たとえばマイホームを購入してローンを組むとき、クルマを買うときなどといった大切な契約を結ぶときに、実印が使われます。
この「実印を押す」という行為によって、「たしかに本人の意思によって、本人が契約したことは間違いありません」という証明となるのです。
契約したときのその人の責任を示すものともいえますね。

ほかにも保険加入、婚姻届、遺産相続といった数々の大事な局面で、実印の出番が必要となります。

宅配便を受け取るときや簡単な取引のときに使っている認印などは、家族でひとつのものを共有して使っている人たちも多いかと思うのですが、実印は家族でひとつではダメです。

さきほど書いたように、実印とは個人証明、いわばその人のIDカードのようなものです。
認印などとは違い、ひとりがひとつずつ持っていなくてはなりません。

そして実印の管理にも気を付けましょう。実印は、あなたの財産や権利、身分を守る大切なものです。
不正使用されたりすることのないよう、盗難や紛失にくれぐれも注意し、安全に管理してください。

ページの先頭へ