書体選び

書体イメージ

印鑑には、その役割ごとに種類があり、その種類ごとに使いこなす話しをしました。
さて、その役割での種類でも、さらに使いこなすために必要なものがあります。それが印鑑の本髄、書体です。

押す面に彫ってある文字の種類を書体と言います。その書体の種類も、役割に沿ったものとなっているのです。
そもそも印鑑というものの偽造は簡単なのだそうなのです。印影という、紙に押した跡から模倣し、偽造が出来るのだそうです。

読みやすい書体ですと、この偽造が簡単に出来てしまい、悪用されるようなことになってしまうわけです。認印なんて、軽い存在ですもんね。
重要な印鑑と、普段使いの印鑑は使い分けたほうがいいんです。そう言った意味でも、模範されにくい文字、書体でその偽造防止策を練らなければいけないのです。

特に実印や、会社の印鑑では代表印は、その生活や組織の心臓部とも言えるものですね。そして銀行印も、金融関係の印鑑ですから、きちんと防御すべきなのです。
よく使われる書体は、篆書体というものです。中国文字がルーツなので、日本語とのイメージが違うので悪用されにくく、偽造しづらいそうです。

とても古い時代から存在する書体で、始皇帝の時代に統一された書体なのだそうです。もうひとつが印相体という書体です。
こちらは先ほどの篆書体を進化させたもの。またの名を吉相印といい、開運印鑑に使われたりもします。偽造防止にも効果が高い書体です。

社印は会社の中でしか使われないものなので、なおかつ読みやすい物のほうがいいですね。
それには古印体と呼ばれる、日本で印鑑用に作られた書体で十分だと思います。

ページの先頭へ