利用できない印鑑

四角い印鑑イメージ

シャチハタや、ゴム印というものが利用できないような状況というものがあります。これらは経年変化により、印の状態が変わってしまう恐れがありますから、重要な契約や書類へのサインとしては向かないのです。

内部書類や宅急便の受け取り程度なら問題は無いのですが、大きくお金が関わってくるような契約ですと、これらは利用できないのです。

それでは、そういった場面でもとめられる印鑑とはどのようなものでしょうか。
基本的には朱肉を必要とする、丸や四角といった、小さめの印鑑だと覚えておけばいいでしょう。
個人の場合は丸い印鑑がほとんどですが、法人の場合は四角い印鑑が利用されることもあります。

しかし、朱肉を必要とする丸い印鑑と入っても、じつにいろいろな種類があります。
近所ですぐに手に入るような安物の印鑑もあれば、はんこやさんに頼んでつくってもらうようなものもあり、これらのどれでもいいのかといわれると、そうでもないのです。

契約の内容によっても、どの丸い印鑑が求められるのかがかわってきます。

一番重要なのは実印といわれる印鑑です。それ以外の場合は三文判や認印といわれるような、いわゆる安い印鑑が多く、銀行で使うような印鑑は銀行印です。

ページの先頭へ